USB制御FW - 対応ソフト

ここではGIMICでの演奏に対応しているソフトを紹介します。

PC-6001エミュレータ

PC6001VW

PC6001VWとはBernieさんが作成されたPC-6001シリーズエミュレータで、c86ctlに対応しています。

  • 注意事項
    • 起動後にオプション1⇒サウンドデバイスの中から「GIMIC」を選んで下さい。
    • オプション3タブにてSSG/FMソフトウェア音量バランス調整が可能です。(OPNAモジュール以外向け)
    • オプション3タブ⇒OPNAにてハードSSG/FM音量バランス及び周波数の変更が可能です。(OPNAモジュール使用時のみ)

PC-8801エミュレータ

QUASI88

QUASI88とはShowzoh Fukunagaさんが作成されたPC-8801エミュレータで、nueさんがc86ctl/ROMEOに対応したバージョンを公開されています。
導入方法や使い方はShowzoh Fukunagaさんのサイト、c86ctl/ROMEO対応QUASI88のドキュメントをご参照下さい。
OPNA、OPN3Lモジュールに対応していますが、OPN3LはFM/SSG音量バランスが調整できずADPCMも再生できませんのでOPNAモジュールをお使い下さい。

  • 注意事項
    • 起動後にF12⇒リセット→その他の欄でサウンドボードII OPNA(もしくはサウンドボード OPN)を選んで下さい。
    • OPNAモジュールのFM/SSG音量バランスの自動設定には対応していない為、そのまま起動するとPC-9821 OPNA搭載機種の音量バランスになります。
      PC-8801 OPN/OPNA搭載機種の音量バランスに変更したい場合はc86ctlから音量調整を行って下さい。

M88

M88とはciscさんが作成されたPC-8801エミュレータで、rururuさんがc86ctlに対応したバージョンを公開されています。
OPNA、OPN3Lモジュールに対応していますが、OPN3LはFM/SSG音量バランスが調整できず、ADPCMも再生できませんのでOPNAモジュールをお使い下さい。

  • 注意事項
    • 起動後にConfigure⇒音⇒FM音源(44h)でOPNA相当(もしくはOPN相当)を選んで下さい。なおFM音源(A8h)側はGIMICに対応しません。
    • 起動後にConfigure⇒ROMEO⇒発音遅延を0msに設定して下さい。遅延が設定されていると一部タイトルでADPCMが正常に転送されません。
    • OPNAモジュールのFM/SSG音量バランスの自動設定に対応していますが、現行バージョンでは起動時にPC-8801 OPN搭載機種の音量バランスに設定されます。
      次バージョンで選んだ音源によって音量バランスが自動変更される仕組みが追加される予定です。

PC-9801エミュレータ

ねこープロジェクトII

ねこープロジェクトIIとはyuiさんが作成されたPC-9801エミュレータで、rururuさんがc86ctlに対応したバージョンを公開されています。
OPN3L、OPNAモジュールに対応しています。

  • 注意事項
    • 起動後にメニュー⇒Device⇒Soundの中から「PC-9801-86」「PC-9801-86 + Chibi-oto」「PC-9801-118」「Speak board」の何れかを選んで下さい。
      「PC-9801-86」及び「PC-9801-118」に設定した場合はADPCMは使えません。
    • OPNAモジュールのFM/SSG音量バランスの自動設定には対応していない為、そのまま起動するとPC-9821 OPNA搭載機種の音量バランスになります。
      PC-8801 OPN/OPNA搭載機種の音量バランスに変更したい場合はc86ctlから音量調整を行って下さい。
    • エミュレーション精度の問題により演奏にモタつきが感じられる場合がありますが回避策はありません。
      描画オプション(メニュー⇒Screen)は必ず「Auto frame」を選択して下さい。1/2,1/3,1/4 frameを選択すると極端にモタつくのでご注意下さい。

X68000エミュレータ

XM6 TypeG

XM6とはPI.さんが作成されたX68000エミュレータで、XM6 TypeGはGIMONSさんがXM6に機能強化を行われた物になります。
_GIMICへの対応はnueさんとrururuさんにご尽力を頂いております。
またX68000のOPMに加え、満開製作所のまーきゅりーゆにっとV4のOPN3-L×2にも対応します(再現する為にはGIMIC×3とOPMモジュール、OPNAモジュール×2必要です)

gimic_pcidebug

pcidebugとは来栖川電工有限会社のPCI接続FM音源サウンドカードROMEOで用いられたハードウェア(ROMEO)をソフトから制御する為のインターフェイスです。
このインターフェイスを使って送られてきたデータをc86ctlに中継するのがnueさんが作成されたgimic_pcidebugになります。

このgimic_pcidebugを使うことでROMEOに対応したソフトやエミュレータからGIMICを制御することが可能になります。
対応モジュールはOPMモジュールです。ROMEOにはOPN3Lも搭載されていますが、そちらには対応していません。

けろぴー(WinX68k)

けろぴーとはけんじょさんが作成されたX68000エミュレータで、うささんがROMEOに対応したバージョンを公開されています。
nueさんのgimic_pcidebugを併用することでROMEOインターフェイスを使ってGIMICにデータを出力することが可能になります。

  • 注意事項
    • Option→Sound→ROMEO使用にチェックを入れて下さい。

c86ctl対応X68Sound

X68Soundとはm_puusanさんが作成されたX68000のFM音源/ADPCM音源をWindows上で再現するライブラリです。
nueさんがc86ctlに対応したバージョンを公開されています。対応モジュールは言うまでも無くOPMです。

このc86ctl対応X68Soundを使うことでX68Soundを利用するソフトやエミュレータからGIMICを制御することが可能になります。

MXDRV for Win32 (MXDRVg)

MXDRV for Win32とはGORRYさんがMXDRVをWindowsに移植したものです。
nueさんのc86ctl対応X68Soundを併用することでGIMICにデータを出力することが可能になります。

  • 注意事項
    • MXVのMXDRVg設定で「ROMEOで演奏する」にチェックを入れて下さい。

ZMDRIVE

ZMDRIVEとはfixerさんが作成されたZ-MUSICをWindows上で再現するソフトウェアです。
nueさんのc86ctl対応X68Soundを併用することでGIMICにデータを出力することが可能になります。

超連射68k

超連射68kとはよっしんさんが作成されたX68000用シューティングゲームです。
nueさんのc86ctl対応X68Soundを併用することでGIMICにデータを出力することが可能になります。

  • 注意事項
    • 超連射68kのアーカイブに既にX68Sound.dllがありますがc86ctl対応X68Soundを上書きして下さい。

X1エミュレータ

X Millenium

X Milleniumとはyuiさんが作成されたSHARP X1エミュレータです。
前述したnueさんのgimic_pcidebugを併用することでROMEOインターフェイスを使ってGIMICにデータを出力することが可能になります。

  • 注意事項
    • オプションにあるFM Boardにチェックを入れて下さい。

PC/ATエミュレータ

DOSBox

DOSBoxとはDOSBox Teamの皆様が作成されたPC/AT互換機上で動作するMS-DOS環境をエミュレートするソフトウェアです。
RuRuRuさんがc86ctlに対応したバージョンを公開されています。対応するモジュールはOPL3です。

MSXエミュレータ

BlueMSX

BlueMSXとはDaniel Vikさん及びblueMSX Develope Teamの方々が作成されたMSXエミュレータで、nueさんがc86ctlに対応したバージョンを公開されています。
導入方法や使い方は付属のドキュメントをご参照下さい。対応モジュールはOPNA/OPN3L/OPL3/OPMです。

その他対応ソフト

FMP7

FMP7とはぐぅさんが作成された、PC-9800シリーズ及びその互換機用に作成されたFM音源ドライバ「FMP」の流れを汲むWindows用の音源ドライバで、
OPNA相当のFM音源部を32音、OPM相当のFM音源部を32音、SSG32音、PCM32音(最大発音数64音)という驚異的なスペックを誇ります。

FMP7はアドオンで機能を拡張することが可能であり、そのアドオンの中のひとつexS98Pを使うことでS98データをGIMICで再生することができます。
exS98PはOPN3L、OPNA、OPM、OPL3モジュールに対応しています。

hoot

hootとはDMP SOFT.さんが作成されたパソコンやコンシューマゲーム機のハードウェアのゲームミュージックを演奏する為のソフトウェアです。
OPN3L、OPNA、OPM、OPL3モジュールに対応しています。
またGIMICの複数台制御にも対応しています。

黒猫GMC

黒猫GMCとは黒羽製作所さんが作成された、SPC形式のファイルを演奏する為のソフトウェアです。
Sunburst氏が制作したSNESAPU for G.I.M.I.Cを使用しSPCモジュールを制御する現時点では唯一のソフトウェアになります。
スタンドアロンモードより高い互換性及び高速転送、Script700にも対応し、 黒猫SPCでの操作体系を踏襲している為、
同ソフトを使用していた方でも違和感無く操作可能です。
黒猫GMCはSPC/SPC2モジュールに対応しています。

  • 黒羽製作所
    ※つくりもの→生産物からダウンロード可能です。

C700

C700は、osoumenさんが製作した、SFC音源を再現した同時発音数8音のソフトウェアサンプラーです。
CubaseやLogic Pro X等の、VSTもしくはAudioUnitに対応した、MacOSXおよびWindowsのホストアプリケーション上で動作します。
USB接続されたG.I.M.I.Cを自動的に認識し、演奏を出力することができます。
C700はSPC/SPC2モジュールに対応しています。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-04 (日) 23:00:39 (233d)