2代目マザーボードシリーズ 操作マニュアル

このページでは導入・操作方法について解説します。

事前準備

GIMICを使用するためには、以下アクセサリの準備が必要です。

USBケーブル(microB)

 PCとの接続・電源供給に使用します。
 ケーブルの品質が悪いと信号の劣化、バスパワー駆動の際に電力ロスが大きくなり
 思わぬトラブルの原因となる可能性が有ります。
 スマートフォン急速充電に対応したケーブルをご利用下さい。

 推奨品例として開発時に使用していた以下のケーブルを紹介いたします。

 直型
 Motorola ECOMOTO : SKN6378A

 L型
 Sony Ericsson : EC600L

 ※スマートフォンやタブレットに標準で付属しているUSBケーブルは充電しかできない物がありますのでご注意下さい。
  通常のUSBケーブルとして利用可能な製品には「通信用」「データ転送対応」などと記載されています。

microSDカード(PCからUSB制御を行う場合は不要)

 スタンドアロン動作時に、音楽データを格納する為に使用します。
 32GBまでのSD/SDHCカードに対応します。(SDXCは対応しておりません。)
 UHS-I対応カードの動作確認はしておりますが、UHS104非対応のため互換モードで動作します。

 推奨品例として、開発時に使用していたmicroSDカードを紹介いたします。

 SanDisk MobileUltra microSDHC UHS-I 8GB : SDSDQY-008G-J35A
 SanDisk Extreme Pro microSDHC UHS-I 8GB : SDSDQXP-008G-J35
 SanDisk Extreme Pro microSDHC UHS-I 16GB : SDSDQXP-016G-J35

ヘッドホン、イヤホン等

 本体からの出力は3.5mmステレオミニジャックです、必要に応じて形状の変換を行って下さい。
 インピーダンスはPro/Std版が16~300Ω、Lite版が16~32Ωを推奨します。
 ブレイクアウトケーブルを使用する際は、6.5mm標準ジャックが利用可能です(Pro版のみ)

 ※Pro版をお持ちの方はラインアウト、または標準ジャックの利用をお勧めいたします(音質面で有利です)

ブレイクアウトケーブル(Pro版のみ)

 前述のラインアウト・標準ジャックの他、MIDI端子が追加で利用可能になります。
 下記指定品を必ずご利用下さい。

 ALVA Babyface / HDSP 9632 / HDSPe AIOアナログブレイクアウトケーブル : BF-BOCMKH

ACアダプタ(Pro版のみ)

 外部給電を行うことにより、本来の性能を発揮することが可能です。
 電圧5V、電流1A(1000mA)以上、プラグ形状が電圧区分2(EIAJ#2 センター+)のACアダプタを使用して下さい。

 ※電圧が5.2Vを超えるACアダプタの接続は故障の原因となりますのでご注意下さい。

 推奨品例として、開発時に使用していたACアダプタを紹介いたします。

 SONY PSP1000/2000/3000シリーズ用ACアダプタ : PSP-100

各部の名称

写真は試作品のため、実際の基板と異なる箇所が有ります。

モジュール搭載面

doc_001.png doc_004.png

①microUSBコネクタ
 PCとの接続・電源供給に使用します。
 microBコネクタです。

②DCINコネクタ(Pro版のみ)
 外部電源中継ケーブルを接続するためのコネクタです。

③microSDスロット
 microSDカードをここに差します。

④ブレイクアウトコネクタ(Pro版のみ)
 ブレイクアウトケーブル接続用コネクタです

⑤リセットスイッチ
 このボタンを押すと、GIMICが電源投入直後の状態に強制復帰します。

⑥フォンジャック
 ヘッドホン等を接続します。

⑦ジョグホイール(Lite版ではボリューム)
 Pro/Std版:GIMICの操作に使用します。回転及び、押し込み操作が可能です。
 Lite版:フォンジャック端子の音量が変化します。

⑧拡張I/F
 アクセサリを接続するためのコネクタです。

⑨ホストI/F
 モジュールとの接続コネクタです。

⑩USB-Aコネクタ(Pro版のみ)
 USB機器をGIMICから制御する際に使用する端子です。
 電源供給能力は100mAです。

⑪フロントパネルヘッダ
 市販PCケースを利用する際に使用するコネクタです。

部品面

doc_002.png doc_005.png

①パワースイッチ
 電源スイッチです。

②パワー・ステータスLED
 現在のGIMICの状態を表示します。

③アナログ入力コネクタ
 モジュールからのアナログ出力を接続するコネクタです。

④拡張モジュールスロット
 将来的に機能拡張を行うためのスロットです。
 バッテリ用では有りませんのでご注意下さい。

ブレイクアウトケーブル(Pro版のみ)

doc_003.png

①MIDIコネクタ
 将来的に、ハード音源として使用するためのコネクタです。

②ラインイン・アウトコネクタ
 設定を変更することにより、以下の様に出力を切り替えることが出来ます。

※ブレイクアウトケーブルを市販品から流用した関係でインと書いて有りますが
 入力では無いのでご注意下さい。

ラインアウト側は、一般的なオーディオ機器への接続に適しています。
(PCM+プリアンプを経由したモジュール出力)
ラインイン側は、高性能オーディオIFへの接続に適しています。
(GIMIC内蔵プリアンプを経由しない、モジュール直結の出力が得られます。)

③ヘッドホンジャック
 本体ジャックと比べて、より強化した出力を得ることが出来ます。

④接続コネクタ
 GIMIC本体へ接続を行います。

初回導入

ファームウェアの更新

GIMICには予め出荷当時の最新版ファームウェアが書き込まれておりますが、
更新されている可能性が有りますので、事前にファームウェア更新を行って下さい。

ドライバインストール(PCからUSB制御を行う場合)

ファームウェア置き場から、USB制御ドライバのインストールを行って下さい。インストール方法はこちら
Windows8以降では、OS標準ドライバにて動作するためインストール不要です。

演奏曲・対応ソフトの準備

スタンドアロン運用の場合、事前にSDカード上に曲データをコピーして下さい。
容量16GB以上のSDカードを使用する場合、性能向上の為、曲転送前にSDカードを
アロケーションユニットサイズ4096または8192バイトで再フォーマット*1を推奨します。*2

PCからUSB制御を行う場合、対応ソフトをご用意下さい。
また、対応ソフトと一緒に中継ドライバ、c86ctlの導入が必要です。
ファームウェア置き場からc86ctlをダウンロードし、実行ファイルと同じフォルダに解凍を行って下さい。

操作手順

ここでは、基本的な操作手順を説明します。詳細な機能は以下のリンクをご確認下さい。
(SDカード挿入状態で電源投入を行うとスタンドアロンモード、未挿入状態だとUSB制御モードで動作します。)

電源接続

スタンドアロンモードにて利用の場合

USB制御モードにて利用の場合

本体に搭載されているジョグホイール(ボリューム)を使用して音量変更と、
ブレイクアウト端子のパラレル出力(2代目マザーボードPro版のみ対応)を変更可能です。

ジョグ回転音量変更
ジョグ押しパラレル出力の切り替え(有効時STATUS点灯)

電源切断


*1 フォーマットを実行すると、SDカード内のデータは全て失われますので、必要なデータは予めバックアップをお願いします。
*2 ファイルシステムはFAT/FAT32形式を選択して下さい。

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS