*OPMモジュール [#t3f51b08]
G.I.M.I.C Project 第2弾~
OPM(YM2151)を搭載した音源モジュールです。~

#ref(GMC-OPM_PCB.jpg)

**特徴 [#jd81d141]

-実音源チップが付属~
SHARP X1((SSGパートは、USBFW+対応ソフト+PCから再生or複数台同時接続にて利用可能。))、X68000((ADPCMはUSBFW+対応アプリを利用の場合PCを使って演奏可能。スタンドアロンFW時はMB2Pro/Std内蔵PCM機能との併用で対応予定。))
SHARP X1((SSGパートは、USBFW+対応ソフト+PCから再生or複数台同時接続にて利用可能。))、X68000((ADPCMはUSBFW+対応アプリを利用の場合PCを使って演奏可能。スタンドアロンFW時はMB2Pro/Std内蔵PCM機能との併用で対応。))
、アーケード基板、シンセサイザー等で使用されていたYAMAHA製FM音源LSI「YM2151」が付属するモジュールです。~
YM2151のスペックはFM8音(4オペレータ)です。~
FMパートしか有りませんが、OPN系の音源と比べてハードウェアLFOの強化、音色パラメータ「DT2」の追加により~
より幅広い音色表現が可能となっております。~

-クリアな音質~
1980年代当時の設計を見直し、現代の高性能部品向けにアレンジしています。~
更に高品質部品を贅沢に採用しクリアな音質を実現しています。~

-クロック周波数任意可変に対応~
同人ハードウェアでは初となる、YM2151へ供給するクロックを動作周波数全域(3MHz〜4MHz)に渡って任意可変することが可能です。~
これによりクロック周波数が一定でないアーケード基板の実機再生において高い再現性を実現します。~

3MHz時~
#ref(CLK_3M.png)~
4MHz時~
#ref(CLK_4M.png)~

-OPM以外の音源チップに換装可能~
ICソケットを採用しているため交換が容易です。ピン互換性のあるYM2164(OPP)に換装可能です。((機能的には何も変化しません))~

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS